イタリアミラノは私の第2のふるさと

イタリアは大好きですが、ミラノは私の第2のふるさとと思っています。今までに何度訪れたでしょうか。
ミラノに到着したらすぐにDoumoに向かい、ミラノを離れるときはDoumoに向かってさよならをする、これは毎回変わりません。

Doumoはイタリア国内のあちこちにありますが、世界で一番美しいDoumoだと私は思います。
思えばDoumoの屋上テラスに初めて階段で登った時には非常にお天気が良く、アルプスの山々も臨むことができ、ミラノの街を見下ろす景色にも感激しました。
135本の尖塔にはそれぞれ聖人が立っています。

そして、一番高い場所に置かれた黄金のマリア像を見上げた時には何ともありがたく涙が溢れました。
もちろん、Doumoの聖堂内部の荘厳で厳粛な雰囲気と匂いも私にはどこか懐かしく感じます。
右側のステンドグラス以外には光が差し込むところはなく、薄暗い聖堂ですが、不思議なことですが、昔々私はこの地に存在していたのではないかとさえ思うのです。