手仕事は真っ白になれて気持ちいい

今ハマっているのは、ホワイトキルトというもので、柄の違うホワイトキルトをひたすらキルティングをして、それをつなげて夏の肌掛けにする計画。
あとは、セーターなどのほつれを鮮やかな糸で治していくいわゆるお針仕事にハマっています。

やってる間は何も考えなくていいし、丁寧にやればやるほど美しく仕上がります。
あとは、肌掛けに使うので裏に貼る生地選びにもハマっていて、手芸屋さんを巡って手触りを確かめたり、色味を考えてみたりというのがとても楽しいです。
できたらミシンも使えるようになりたいので、服を作ったりもできるように、とにかく今は何をするにも必要な手縫いでの始末を勉強することに熱中しています。

冬なのでセーターなども編んでみたいのですが、夢中になりすぎると編みすぎるので、とりあえず今はお針仕事をしっかりできるようになって、
ちょっとした服の不具合にもすぐ対応できるようになりたいと思ってあれこれ勉強したり作ってみたりしています。
やってる間はとにかく針目を美しくすることしか考えなくていいのがストレス解消になっています。