ダイエットをして体重が減ったのにリバウンドをしてしまう理由

せっかくダイエットがうまくいったところでリバウンドが起きて、減った体重が一気に戻ってしまうことがあります。リバウンドすると、頑張って体重を減らしていたものが無駄骨に終わってしまいます。様々な人が自分なりの方法でダイエットを行いますが、オーソドックスな方法といえば食事の制限です。体重を減らそうとするがために、無理な食事制限をすると、リバウンドを招くことになります。食べ過ぎた分を節制する程度であれば、身体への負荷が少ないダイエットができるでしょう。食べる量を減らし過ぎると、健康であり続けるために体が欲しているエネルギーやビタミンが足りなくなってしまいます。身体を保つためのエネルギーが足りなくなると、体はまず筋肉を分解してエネルギーをつくります。全身の筋肉が少なくなると、見ようによっては痩せたようにも見えますが、基礎代謝が下がるという問題があります。ダイエットをする時には基礎代謝を上げることが大事です。基礎代謝とは静かに横たわっている状態でも使うエネルギーです。とこの基礎代謝は、実は高い数値ほどエネルギーが消費されやすい体であり、痩せやすいと言えるのです。食事制限などで体重が落ち、ダイエットがうまくいったように見えても、基礎代謝の低い体質になっていれば、ちょっしたきっかけで摂取したエネルギーを余らせてしまい、体重を増やしてしまいます。リバウンドが発生しないように根気よくダイエットを続けることが、痩せた後にも減った体重を保持する効果につながります。ブライトエイジ